【ERGO M575&交換用ボール】トラックボールはこれが最適!

Work

※当ページのリンクには広告(アフィリエイトリンク)が含まれています。

みなさん、PCを使用する際はどんなマウスを使っていますか?
デスクトップPCを使用されている方であればマウスは必ず使用していると思いますが、ノートPCを使用されている方であれば、備え付けのマウスパッドを使用している方もいるでしょうし、外付けで自前の愛用マウスを使用されている方と人それぞれかと思います。
私は仕事でもプライベートでもMacbookを愛用しているのですが、使用する際は出先でない限りは必ずモニター接続をしてデスクトップPCのように使用をしているので、愛用のマウスを接続して毎日PCを使用しています。

マウスもいろんなタイプのものがありますよね。
USBなどで接続するコードタイプから、Bluetooth接続などのワイヤレスタイプ 、そしてマウス本体を動かして使用する一般的なマウスから、トラックボール、パッドなど・・
私はここ5年間くらいで完全なトラックボール愛用者になりました。

トラックボールってなんであんなに使いやすくて便利なのに使っている人が少ないのか?は私にとって永遠の謎なのです。
トラックボール本当におすすめなので、私が愛用しているトラックボールを紹介したいと思います!
これを機にひとりでも多くのトラックボール愛用者仲間が増えたら嬉しいです。

そもそもトラックボールって何がいいのか?

おすすめのトラックボールを紹介する前に簡単に触れておきたいと思います。

トラックボールは本体についているボールを指でコロコロ回してカーソル操作をするタイプのマウスとなりますが、マウス本体を動かして使う一般的なマウスの使用に慣れている方からすると、初めて手にする際は使いにくい!!って思うことが多いと思います。私も完全にそうでした。
ただメリットの方が多いですし、実際に使い始めてしまえばすぐに慣れ、慣れてしまった後はもう普通のマウスには後戻りできない身体になってしまっていると思います。

トラックボールそのもののおすすめポイントと、おすすめしにくいポイントは以下です。

おすすめポイント
直感的に操作が可能になるのでカーソル操作の精度が爆上がりする
カーソルの動きが高速化できるので、大画面でも画面の端から端まで一瞬で移動可能
本体を動かす必要がない分、スペースがない場所でも使用可能&デスクのスペースを有効活用できる
おすすめしにくいポイント
慣れるまでは本当に使いにくい
定期的にボールのお掃除をしないと手垢などが溜まり滑りが悪くなる ※当然個人差あり
普通のマウスよりデカい&重いため持ち歩きには不向き

当記事のメインは商品レビューであり、上記はトラックボールそのものの話なので今回はこれ以上の深掘りはしないこととします。
上記を踏まえた上で、実際におすすめできるトラックボールを紹介していきます!

おすすめのトラックボールはこれ!〜logicool ERGO M575〜

私が愛用中でおすすめのトラックボールは、logicool(ロジクール)から販売している「ERGO M575」です!

logicool (ロジクール) ERGO M575S ワイヤレストラックボール ワイヤレスマウス

価格:7847円
(2024/5/28 22:40時点)
感想(0件)

定価はlogicoolの公式サイトによると8,140円(税込)となっております。
ただ、楽天市場やAmazonなどの通販サイトを覗いてみると、結構な頻度でセール対象となって安く購入できるようになっていることが多いです!

こちらのトラックボールの特徴を簡単にまとめると以下となります。

商品名ERGO M575
価格(公式)8,140円(税込)
カラー2色(オフホワイト/グラファイト)
本体サイズ高さ: 134mm
幅: 100mm
奥行き: 48mm
重量: 145g
ボタン5個
(左/右クリック、戻る/進む、ミドルクリック付きスクロールホイール)
接続タイプUSBレシーバー/Bluetooth
バッテリー単三電池(1本)
※USBレシーバー使用時:最長24ヵ月
カスタマイズアプリLogi Options+(Windows/macOS)対応
互換性Windows + macOS + iPadOS
※logicool公式サイト調べ

正直決して超高性能トラックボール!って訳ではないのですが、十分です。むしろこれくらいシンプルでいいのです。

私はこちらの「ERGO M575」をかれこれ2年以上愛用し続けているのですが、恐らく故障して使えなくなる日が来るまできっと他のトラックボールに浮気することはないだろうと思うほど一途です。
故障してもまた同じものを買うと思います。

なぜそこまで「ERGO M575」が私にフィットしたのかは若干感覚・フィーリング的なところもありますが、少しおすすめポイントを整理して解説していきたいと思います。

「ERGO M575」のおすすめポイント

ボールの操作性がすごくスムーズ!

トラックボールにとってボールの操作性は一番重要といっても過言ではないと思いますが、この点はすごく満足度のいく製品でした!

他社のトラックボールもこれまでに何機か使用してきましたが、劇的な大きな差はないものの、ボールの動きの滑らかさやは他製品よりも高い気がしており、操作性は非常に高いと感じてます。
同じくlogicoolから販売されている上位機種に該当する「MX ERGOアドバンス ワイヤレス トラックボール」と操作性を比較しても、全く劣らない、むしろ「ERGO M575」の方がボールの操作性に関しては高いのでは?という感覚です。
※私は「MX ERGOアドバンス ワイヤレス トラックボール」を保有していないので、あくまで知人の物を借りた際、および家電量販店のサンプルで操作した感覚ですのでご承知おきを。

以前しようしていた他社のトラックボールだと、ボールを操作している時にどこか引っ掛かるような感覚が僅かながら感じる時があり、保湿クリームをボールに塗ってみて滑らかさを向上させたり試行錯誤をしていたのですが、「ERGO M575」では2年以上使用してきた中でそのような感覚を感じたことは一度もありませんでした。
当然、ボールに付いた汚れが溜まってくると動きの滑らかさは落ちてきますが、「ERGO M575」はボールの取り外しもすごく簡単で、溜まった汚れや垢のお掃除も簡単なのでストレスになることはないです!

やはり指1本でボールを転がして使用するトラックボールなので、すごく僅かな差であってもボールの操作性の高さは使用する上で非常に重要であり、高いボールの操作性を実現している「ERGO M575」はおすすめできる理由の大きなひとつとなっています。

手が大きな人でもフィット感が高い!

私は一般的な成人男性よりも少し手が大きめなので、なかなか自分の手に完全にフィットするマウスに出会ってこれなかったのですが、「ERGO M575」はドンピシャでした!

ちなみに私の手のサイズは、手首から中指の先端までで約21センチ程で、一般的な成人男性は18センチ程と言われているので、約3センチも長いことになります。
マウスは基本的には指先での操作がメインなので、普通のマウスを使用するとどうしても手首側がマウスには触れずに宙ぶらりん状態になってしまうため、地味に手首が休まることがなく長時間使用していると疲れてしまいます。

「ERGO M575」は私の手を完全に納めてくれる程のデカさでは実際ないですが、形状が縦長の造りになっており、ほんの僅かですが手首側までしっかり支えてくれます。
そして手首のサポートをより強化するために、私はリストレストを併用して使ってます。

形状が縦長で手のカバー範囲の広い「ERGO M575」と、このリストレストがあればもう何時間でもPC触れます。笑
ちなみにこのリストレストは1,000円程で購入したものです。よければ合わせてご検討ください。

キーボード用リストレスト マウスパッド デザイン ミニマリスト 人体工学 リストレスト 疲労軽減 肩 手首 マウス プレゼント 後付け ギフト 手首疲労 ハンドレスト 腕 手首サポート 軽量 シンプル テレワーク お昼寝枕 キーボード おうち時間 アームレスト

価格:1280円
(2024/7/7 09:49時点)
感想(0件)

マウス本体のサイズに関しては、大きいことがデメリットとなる方も正直いらっしゃると思います。
事実、マウスを持ち歩く際には、少し大きいな・・と感じることが多いですが、使用している時間の方が圧倒的に長いため私は持ち運び時のサイズの大きさは気にしないことにしました。

サイズ感の話は、正直ボールの操作性と同じようにほんの僅かの差の話ではあるのですが、この僅かな差が他製品にはない私にとっての長期愛用できると確信できたGoodポイントでした!

「ERGO M575」のおすすめしにくいポイント

正直あまりないと言えばないのですが・・絞り出すと。

クリック音がちょっとだけうるさい

別に他のマウスと比較してうるさいとかではないです。むしろ普通です。笑
ただ、トラックボールって本体を動かさない分、操作時の音がほとんどないが故に、クリック音だけが目立ってしまうという感覚です。

音もいたってシンプルなカチッカチッというちょっと軽めの音という感じですが、割と高音よりの音でもあるので、静かな環境で作業をしていると少しクリック音がうるさいと感じてしまう時はあります。
このクリック音に関しては全然普通ではあるので、あくまで完璧を求めるなら、という観点ではありますが、クリック音が静音になったモデルなんかが出てきたらもう即買いです。
お願いしますlogicool様・・

ボールの色がちょっとダサい。ボール交換したら完璧!

「ERGO M575」のボールは水色のボールで、これは本体カラーがオフホワイト/グラファイト共に共通となっています。

このボールの色に関しては結構なんとも言えない微妙な印象がずっとありました。
特に私はデスク周りが基本的に黒やグレーなどのダークカラーで統一されているため、このボールの水色だけがどうしても悪目立ちをしてしまい、ちょっとテンション下がってしましまう。
※そんな細かいこと気にしないよ!って人の方が多いかもしれないですが・・笑

もし私と同じような感覚を持っており、せっかくの「ERGO M575」をちょっとでも自分好みのカッコイイ見た目にしたい場合は、トラックボールの交換がおすすめです!
ボール単体はlogicoolでの販売取り扱いはない(はず)なので、おすすめはぺリックス社が販売しているボールの購入です!
私の本体はグラファイトであり、デスク周りがダークカラーということで、真っ黒の漆黒カラーのボールを選択しました。

楽天ランキング1位 トラックボール 交換用 34 mm ロジクール・エレコム・Perixxなど互換性有り ぺリックス PERIPRO-303 レッド・ブルー・グリーン・ブラック・イエロー・パープル・ピンク・シルバー・ゴールド・ラベンダー

価格:1899円~
(2024/7/7 12:44時点)
感想(52件)

ボールのサイズは上記リンクと同じ34mmで「ERGO M575」にジャストフィットです!
カラー展開も複数あります!

どうでしょう?なんか見た目もシックにしまってだいぶデスクにも馴染んだ感じです。

そしてこのペリックスのボールですが、見た目が良くなるだけでなく、元々良いボールの操作感がより向上する気がします!
ペリックスのボールは表面がかなりツルツルな滑らかな感じで仕上がっているので、ボールを操作する際の引っかかりなどを一切感じることがなく、ボール交換前よりも操作性が向上していると感じます。
見た目を自分好みに変えてくれるだけでなく、操作性の向上まで満たしてくれるので、ボール交換は本当におすすめです!

まとめ

トラックボールはなかなか初期の導入にはハードルを感じる方もいらっしゃるかもしれないですが、少し触ってなれてしまえば全く問題なく使えますし、むしろ移動式の普通のマウスとは全然違った使いやすさを感じられると思います!
そしてそんな中でも私のイチオシは「ERGO M575」とぺリックスの交換用トラックボールのコンビです!

是非トラックボールの導入をご検討されている方は、参考にしていただけますと幸いです!

logicool (ロジクール) ERGO M575S ワイヤレストラックボール ワイヤレスマウス

価格:7847円
(2024/5/28 22:40時点)
感想(0件)

コメント